外壁塗装の油性と水性塗料の違い

この記事の所要時間: 134

外壁塗装の油性と水性

外壁塗装の際に使用する塗料には様々な種類があります。
この種類の中には、「アクリル」「ウレタン」「シリコン」「フッ素」「遮熱」「光触媒」が存在します。
詳細に関しては、下記ページでも詳細していますので、参考にしてください。
→「塗料の種類の詳細はコチラ

その塗料の中でも、油性塗料と水性塗料があります。

油性塗料の特徴

油脂塗料のメリットとしては、「耐久性に優れている」「雨水に強い」「密着性が高い」という事があげられます。
デメリットとしては、シンナーの刺激臭がありますので、取り扱いに注意が必要になるという事です。
その他にも、水性塗料に比べても価格が高めとなっています。

水性塗料の特徴

水性塗料のメリットとしては、「刺激臭が少ない」「価格が安い」という事があげられます。
デメリットとしては、「耐磨耗性が弱い」「耐侯性が低い」「気温が低いと施工が出来ない」という事です。

結局どちらが良いの?

どちらの方が良いのか、という疑問に関しては、その家の状況次第です。
油性塗料の方が耐久性は高く、昔では外壁塗装を行う際には、油性が多く出回っていました。
しかしながら、現在では水性塗料の開発も進み、水性でも非常に耐久性が高くなってきたわけです。
刺激臭が少ないという事からも、現在では水性塗料を使用する家庭がほとんどです。
ただし、油性塗料でしか塗料が出来ないという状況もありますので、必ず業者と相談をしてください。

「小さな子供がいる」「妊婦がいる」「ペットを飼育している」などの状況で、シンナーの臭いというのは辛いと思います。
油性塗料を使用する場合には、工事中は場所の移動なども検討しないといけない場合があるかもしれません。
早めに行動をして、計画を立てておくようにしてください。

【24時間いつでも無料相談受付の一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「外壁塗装の窓口」です。

【外壁塗装をオススメする理由】
  • 審査によって選ばれた業者のみが参加している
  • 同時に複数社のサービスや価格を比較出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • アンケート調査で、90%以上の利用者満足度を達成
  • 24時間体制で女性専門スタッフが無料相談受付中
10万人以上の利用実績がありますので、安心して利用する事ができます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで相談員がサポートをしても完全無料です。

外壁塗装の窓口の画像

沢山業者から連絡が来て嫌だという方は、外壁塗装の窓口が断り代行してくれます。
外壁塗装を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「外壁塗装の窓口」にまず連絡する事をオススメします。
⇒「今すぐ外壁塗装の一括見積りを行いたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。