外壁塗装の種類と価格について

この記事の所要時間: 220

外壁塗装の種類と価格の画像

外壁塗装に使用される塗料には種類があります。
この種類によって、耐久性というのは大きく変わってきます。
耐久性の高い塗料の場合には、当然ですが価格も高くなります。


1.アクリル塗料(耐用年数:5年)
1㎡あたり:1,500円〜2,500円前後

2.ウレタン塗料(耐用年数:7年)
1㎡あたり:2,000円~3,000円前後

3.シリコン塗料(耐用年数:13年)
1㎡あたり:2,500円~3,500円前後

4.フッ素塗料(耐用年数:18年)
1㎡あたり:3,000円~4,500円前後

5.光触媒塗料(耐用年数:20年)
1㎡あたり:3,500円〜5,000円前後

6.その他
ナノテク塗料、装飾塗料、遮熱・断熱塗料など様々なものがあります。
太陽熱を寄せ付けず、室内の温度を下げて、省エネに繋がるような特徴など様々です。


大きく分けると、上記のような塗料が存在します。
その塗料の種類の中でも、塗料メーカーが様々な塗料を開発・販売しているわけになります。
そのため、素人にはどの塗料を使用して良いのか分からないという方も多いと思います。

30坪あたり・外装面積150㎡では80万円〜100万円程度で外壁塗装を行うことができます。

一般家庭で使用されている塗料ランキング

1位:シリコン塗料
2位:フッ素塗料
3位:ガイナ・光触媒塗料

オリジナル塗料について

日本の有名な塗料メーカーの中でも、「日本ペイント」「関西ペイント「エスケー化研」に3社に関しては非常に多くのシェアがあります。
ほとんどの業者で取り扱いがありますので、知っている方もいるかもしれません。

この塗料メーカーとは別にオリジナル塗料を使用している業者も存在します。
塗料の特徴としては、それぞれにメリットもあれば、デメリットもあるという事です。
状況に合わせた塗料を選択することで、効率の良い外壁塗装を行うことができるようになります。
オリジナル塗料だからと言っても、特別に優れているという事はありません。
必ずメリットもあれば、デメリットも存在します。
契約前には必ず確認をしておきましょう。

また価格に関しても、3度塗りの合計が1㎡あたり3,500円を超えるという事はありません。
3,500円を超えるような見積書を提示してくるような業者は要注意と言えるでしょう。

塗料を選択する際のポイント

どんな塗料を選択するかというのは、自分の家の状況、予算などにもよると思います。
その中で、仕上がりによるトラブルというのが多いのが現状となります。
そのため、現地での試し塗りというのは確実に行っておきましょう。

【24時間いつでも無料相談受付の一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「外壁塗装の窓口」です。

【外壁塗装をオススメする理由】
  • 審査によって選ばれた業者のみが参加している
  • 同時に複数社のサービスや価格を比較出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • アンケート調査で、90%以上の利用者満足度を達成
  • 24時間体制で女性専門スタッフが無料相談受付中
10万人以上の利用実績がありますので、安心して利用する事ができます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで相談員がサポートをしても完全無料です。

外壁塗装の窓口の画像

沢山業者から連絡が来て嫌だという方は、外壁塗装の窓口が断り代行してくれます。
外壁塗装を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「外壁塗装の窓口」にまず連絡する事をオススメします。
⇒「今すぐ外壁塗装の一括見積りを行いたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。