外壁塗装の税務の耐用年数って?

この記事の所要時間: 121

外壁塗装の税務の耐用年数

個人で外壁塗装を行う場合には全く関係のない話ですが、法人で外壁塗装を行う場合には、税務上で処理が必要となります。
税務上では、通常であれば修繕費として計上をします。
修繕費として計上する事で、全額が経費をして認められますので、建物の耐久性を向上させるだけではなく、税務対策としても非常にメリットがあると思います。

どちらにしても10年に1度に塗り替えのタイミングが来ます(※塗料のグレードや環境によります)。
税務上で経費として認められるので、ぜひ疎かにせずにメンテナンスをしてほしいと思います。

修繕費で計上出来ない?

外壁塗装が修繕費として計上が出来ない場合があります。
施工費用が大きくなった場合に、修繕費ではなく建物勘定になります。
建物の場合には、経費ではなく資産が増えたという認識です。

もちろん、毎年減価償却をしますので経費計上はするのですが、全額を経費をとして計上する事はできなくなります。
減価償却は耐用年数に応じた計算をしなければなりません。

外壁塗装の耐用年数は塗料の種類によって異なります。

・アクリル:5〜7年
・ウレタン:10年
・シリコン:12〜15年
・フッ素:15〜20年

目安として上記の年数が法廷耐用年数として定められています。
税金に関しては義務なので、間違ってはなりません。
そのため、詳細に関しては、税理士・国税庁に直接必ず確認をしておいてください。

外壁塗装では分からない事も多いと思いますが、必ず業者に確認などを怠らないようにしましょう。

【24時間いつでも無料相談受付の一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「外壁塗装の窓口」です。

【外壁塗装をオススメする理由】
  • 審査によって選ばれた業者のみが参加している
  • 同時に複数社のサービスや価格を比較出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • アンケート調査で、90%以上の利用者満足度を達成
  • 24時間体制で女性専門スタッフが無料相談受付中
10万人以上の利用実績がありますので、安心して利用する事ができます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで相談員がサポートをしても完全無料です。

外壁塗装の窓口の画像

沢山業者から連絡が来て嫌だという方は、外壁塗装の窓口が断り代行してくれます。
外壁塗装を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「外壁塗装の窓口」にまず連絡する事をオススメします。
⇒「今すぐ外壁塗装の一括見積りを行いたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。