外壁塗装のモニター商法について

この記事の所要時間: 223

外壁塗装のモニター商法の画像

外壁塗装を取り扱う業者の中には、様々な営業活動をしている業者が存在します。
その中でも特に被害相談が多い訪問販売について触れて行きます。

訪問販売は被害相談は多いものの、優良業者も中には存在します。
しかし、素人では判断出来ない事も多いので、契約を行う際には訪問販売での契約は避けた方が良いと言えます。

訪問販売のモニター商法

訪問販売と言っても、営業マンが行う営業トークというのは、様々なものがあります。
その中でも、一番オーソドックスな方法として、モニター商法というものがあげられます。

外壁塗装のモニター商法と言われている営業トークの一部としては、

「当エリア限定で、モニターを募集しているので、特別にモニター価格で外壁塗装を行う事ができます」

というものです。

提示される割引の金額としては、だいたい50%などの半額以上を提示する事が多いようです。
また、今すぐに外壁塗装を行わなければ危険な状態と不安をあおる事もしてきます。

外壁塗装では、人件費、営業経費、材料費、足場代など必要最低限にかかるものがあります。
そのため、そこまで大幅な割引というのは本来おかしい事なのです。
まず、このような大幅な割引を提示してきた場合には疑った方が良いでしょう。
確認する一番簡単な方法としては、複数業者に見積り依頼、相談をして比較する事です。

もしもモニター商法にひっかかってしまったら?

モニター商法にて、契約をしてしまったという方でも、まだ間に合う可能性があります。
それはクーリングオフを行う事です。
クーリングオフは8日以内に申請を行う事などの条件も必要ですが、条件さえ当てはまれば無条件に契約を解除してもらう事ができます。
訪問販売で契約をした場合には、ほとんどの場合が当てはまります。
クーリングオフの方法は下記を参考にしてください。
⇒「クーリングオフの方法とは?

「クーリングオフなんて一度も行った事ないし不安…」という方は、当サイトでオススメしている外壁塗装の窓口のサポートセンターを利用するのも良いと思います。
24時間体制でサポートをしてくれますので、すぐにでも問い合わせをする事ができます。

当ページのまとめ

訪問販売にて当日に契約をする事は絶対にやめてください。
いくら割引をしてもらえるからと言っても、必ずやめておきましょう。
もしも訪問販売にて外壁塗装を検討した場合には、複数業者に一括見積りを出してください。
比較する事でトラブル防止にも繋がります。
また、当サイトでオススメしている外壁塗装の窓口の場合には、「優良業者のみが参加している」「相談から見積り、アフターフォローまでしっかりサポートをしてくれる」などのメリットがあります。

【24時間いつでも無料相談受付の一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「外壁塗装の窓口」です。

【外壁塗装をオススメする理由】
  • 審査によって選ばれた業者のみが参加している
  • 同時に複数社のサービスや価格を比較出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • アンケート調査で、90%以上の利用者満足度を達成
  • 24時間体制で女性専門スタッフが無料相談受付中
10万人以上の利用実績がありますので、安心して利用する事ができます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで相談員がサポートをしても完全無料です。

外壁塗装の窓口の画像

沢山業者から連絡が来て嫌だという方は、外壁塗装の窓口が断り代行してくれます。
外壁塗装を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「外壁塗装の窓口」にまず連絡する事をオススメします。
⇒「今すぐ外壁塗装の一括見積りを行いたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。