雨樋の外壁塗装について

この記事の所要時間: 27

雨樋の外壁塗装の画像

雨樋の外壁塗装について触れて行きたいと思います。

雨樋(あまどい)も、日が経過する毎に塗料が剥げてきます。
美観に問題が出て、気になるという方も中にはいると思います。

美観の問題だけなので、気になる方だけが塗装するという流れになります。

雨樋の費用は?

雨樋の費用としては、1㎡あたり1,300円から1,800円あたりです(※シリコン塗装の場合)。
そのため、通常の家であれば50,000円から70,000円程度でおさまります。

雨樋に高級な塗料を使用する必要はありませんので、業者の見積書に記載されている雨樋に使用する塗料の種類は確認しておきましょう。
予算が厳しいという事であれば、あえて雨樋の塗装を行う必要はありません。

少し注意しておきたいのは、外壁塗装をすると、美観が非常に綺麗になるので、雨樋などの付帯部分を塗装しないと、目立つ可能性があります。
そのあたりも考慮して塗装をしてもらうと良いでしょう。

雨樋の塗装の注意点

雨樋を塗装する際の注意点ですが、わざわざ足場を組んでまで塗装をする必要がないという事です。
高い位置にありますので、塗装を行うのであれば、足場を組んで塗装をする事になります。
当然、足場を組むと先ほど記載した50,000円から70,000円という価格をはるかに超えます。
あくまでも、外壁塗装を行うついでに行うという流れになるわけです。

美観を気にしない人は塗装をしなくても良いの?

先ほど記載した内容だと、美観を気にしない人は塗装をしなくても良いという事になります。
ただし、放置をしておくと、雨樋も壊れてしまいます。
壊れたり、ひび割れを起こすと、雨水が漏れます。
この漏れた部分が外壁や下の階の屋根に当たり、劣化が進む可能性があるという場合もあります。
塗装をする事で、耐久性を向上させる事ができます。
そのため、本当に修理・塗装をしなければならないのかどうかというのは、一度業者に診断してもらう事をオススメします。

DIY塗装でやっても良い?

最近では自分で行うDIY塗装というものが流行っています。
雨樋の塗装くらいなら自分で行おうと思う方も多いでしょう。
しかしながら、高い場所にありますので、危険が伴います。
自分で足場などを組むにしても、思っている以上に費用がかかりますし、技術・知識も必要になります。
費用がかかったとしても、外壁塗装業者に依頼する事をオススメします。

【24時間いつでも無料相談受付の一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「外壁塗装の窓口」です。

【外壁塗装をオススメする理由】
  • 審査によって選ばれた業者のみが参加している
  • 同時に複数社のサービスや価格を比較出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • アンケート調査で、90%以上の利用者満足度を達成
  • 24時間体制で女性専門スタッフが無料相談受付中
10万人以上の利用実績がありますので、安心して利用する事ができます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで相談員がサポートをしても完全無料です。

外壁塗装の窓口の画像

沢山業者から連絡が来て嫌だという方は、外壁塗装の窓口が断り代行してくれます。
外壁塗装を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「外壁塗装の窓口」にまず連絡する事をオススメします。
⇒「今すぐ外壁塗装の一括見積りを行いたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。