外壁塗装の近隣への挨拶はした方が良いの?

この記事の所要時間: 159

外壁塗装の挨拶についての画像

外壁塗装を行う際には、ある程度の施工期間が必要になります。
そのため、近隣の方に迷惑をかける事になります。
例えば、施工中の騒音の問題、塗料の臭い、施工業者の車の出入りなどがあげられます。
また、どんなトラブルになるか分かりません。
実例としては、塗料が飛び散って、隣の家の物に付着してしまったという場合もあります。

挨拶はした方が良い?

冒頭でも記載した通り、近隣の方とトラブルになる可能性があります。
そのため、施工を行う際には挨拶は必ず行う必要があるのです。
ほとんどの業者が代行して挨拶を行ってくれます。

業者の方が挨拶をする事で、詳しい施工内容を話す事ができます。
業者の方からは、業者が全て代行するため、自分で挨拶に行かなくても良いと言われる場合もあります。
しかし、やはり少なくとも仲の良い近所の方には自分でも粗品を持って挨拶にいきましょう。

挨拶を行う範囲は?

挨拶は、両隣3軒分は行っておきましょう。
また、向かいの家の方も挨拶を行っておく事をオススメします。
集合住宅の場合には、管理人さんなどに知らせておけば問題ありません。
妊婦さんなどがいる場合には、塗料の臭いでストレスが溜まる可能性もありますので、必ず施工内容を伝えて下さい。

挨拶で持って行くものは?

挨拶で持っていく粗品は何にしたら良いの?と疑問に思う方もいると思います。
あまり高価なものをあげても気を遣わせてしまいますので、500円程度のものを推奨しています。
例えば、下記のようなものでも問題ありません。
洗剤、フェイスタオル、キッチンペーパー、アルミホイル、お菓子などです。

いつ頃いけば良いの?

施工が始まる1週間から10日前後で挨拶をすれば問題ありません。
こちらに関しては、業者の方が詳しいので、指示をもらうのが一番確実です。
不在でどうしても挨拶ができないという場合には、郵便受けに挨拶文を入れておくのが有効な手段と言えます。

挨拶で伝える事

挨拶は単に、外壁塗装の施工を行いますというだけではダメです。
しっかりと詳細の内容を伝える必要があります。
例えば、施工期間、業者の名前・連絡先、施工内容、自分自身の連絡先です。
他にも特別伝えなければある時には、業者に確認をしておきましょう。

【24時間いつでも無料相談受付の一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「外壁塗装の窓口」です。

【外壁塗装をオススメする理由】
  • 審査によって選ばれた業者のみが参加している
  • 同時に複数社のサービスや価格を比較出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • アンケート調査で、90%以上の利用者満足度を達成
  • 24時間体制で女性専門スタッフが無料相談受付中
10万人以上の利用実績がありますので、安心して利用する事ができます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで相談員がサポートをしても完全無料です。

外壁塗装の窓口の画像

沢山業者から連絡が来て嫌だという方は、外壁塗装の窓口が断り代行してくれます。
外壁塗装を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「外壁塗装の窓口」にまず連絡する事をオススメします。
⇒「今すぐ外壁塗装の一括見積りを行いたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。