屋根塗装の縁切りの必要性

この記事の所要時間: 137

屋根塗装の縁切りの必要性

屋根塗装の縁切りの必要性について記載していきます。

縁切りというのは、屋根塗装の際に塗料で塞がった隙間で、道具で開けて行く作業の事です。
この縁切りをしなければ、雨水を逃す場所がなくなってしまうため、腐食が進みます。
耐久性にも非常に大きな影響が出ますので、十分に注意したい所です。

縁切りをやらない業者が存在する!?

先ほども記載した通り、屋根の腐食を避けるために、縁切りは非常に重要な作業となります。
外壁塗装の業界では、悪徳業者が数多く存在します。
悪徳業者でも、「価格が高い」「作業が雑」「対応が悪い」など様々ですが、この縁切りを行わない業者も存在します。
明らかに手抜き工事ですね。
見積書などにも記載していますので、必ず業者に確認をするようにしてください。
ただし、新築から屋根塗装を行う場合には、縁切りが必要がない場合もあります。

縁切りが確実に必要な屋根の種類

・コロニアル屋根、カラーベスト屋根
・2度目の屋根塗装
・勾配が緩やかな屋根

上記のような場合には、縁切りがあるのか確認をしておきましょう。

縁切りの作業は、タスペーサーというもので行う業者が多くあります。
タスペーサーは、確実に縁切りが出来ますので、安心して任せる事が出来ます。

縁切りの費用は?

タスペーサーを使用した場合、30坪の屋根であれば30,000円程度です。
タスペーサー は、1個あたり10〜50円程度で、30坪であれば1,000個ほど必要となります。
この料金に、さらに施工費もかかってきますので、だいたい平米単価だと200円〜400円程度となります。

もちろん、依頼する業者によっても大きく変わってきますので、色々な業者に見積もり依頼する事をオススメします。
その際には、ただ安いだけではなく、サービスの部分もしっかりと見ておきましょう。

【24時間いつでも無料相談受付の一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「外壁塗装の窓口」です。

【外壁塗装をオススメする理由】
  • 審査によって選ばれた業者のみが参加している
  • 同時に複数社のサービスや価格を比較出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • アンケート調査で、90%以上の利用者満足度を達成
  • 24時間体制で女性専門スタッフが無料相談受付中
10万人以上の利用実績がありますので、安心して利用する事ができます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで相談員がサポートをしても完全無料です。

外壁塗装の窓口の画像

沢山業者から連絡が来て嫌だという方は、外壁塗装の窓口が断り代行してくれます。
外壁塗装を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「外壁塗装の窓口」にまず連絡する事をオススメします。
⇒「今すぐ外壁塗装の一括見積りを行いたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。