エコライフの口コミと評判、体験談

この記事の所要時間: 251
【その見積書、本当に大丈夫?】

見積結果

【実例】156万円→92万円に!64万円以上の値下げも可能。
複数の見積書を比較する事は非常に重要となります。
⇒簡単1分で相場価格を知りたい方はこちら。

40代男性がリシン壁のクラック及びチョーキング現象で外壁塗装

築30年近くを経過した木造の2階建て一軒家に暮らしていますが、リシン吹き付け塗装の外壁にクラックが発生をしていました。
また、外壁を綺麗にしようと思いホースで水を掛けて洗浄した所、地面に粒のような物が溜まりだし、外壁が脆くなっていることに気が付きました。
経年老化もありましたので、このままでは骨組みに雨水が浸入をして木造部分が傷む可能性がありましたので、外壁塗装をする事になりました。

施行をするに辺り塗料の種類から選ぶ事になったのですが、何を選んでいいのかも分かりませんでしたし、実際にどのような仕上がりになるのか検討が付きませんでした。
費用も高く付きますので何度も塗装をする事もできませんので、慎重にパンフレットに貼り付けられた塗装のサンプルを見て考えていました。

あまり実感が掴めなかったので迷っていた所、営業の方に実際に施行をされた家に赴き目で確かめて下さいと言われ、車で数件見に行きました。
訪れた家には、アクリル、ウレタン、シリコンと様々な仕様があり、それぞれに塗装の特徴が出ていました。
実際に拝見して見た結果、伸びに強く亀裂が発生をし難い弾性の物で施行をお願いする事になり、費用は約150万円でした。

塗装に当たり事前に施行日程を決めて行ったのですが、足場の建設日、外壁洗浄の日、シーラー、トップコートと事細かく指示、とても分かりやすく教えていただきました。
また、雨の日には施行は行えないので、事前に天気予報から施行できる日を決定して報告を頂きました。
今週一週間は塗装に時間を取り、来週は雨が降るので3日休んでその後に再開と行った具合に、事前に連絡を頂けてお客さまに不安とストレスを感じさせない業者でした。

塗装の完成後のイメージに付いてもサンプルで強引に決めさすのではなく、実際に施行された現場に連れて行き、目で見て完成後のイメージで決めることが出来ました。
全てに置いて納得のある説明を頂、安心をしてお願いが出来る業者でした。

会社概要

石川県に本社を構えており、新潟県、広島県、東京都、群馬県、千葉県、神奈川県、大分県、福岡県、熊本県にも支店があります。
年間2,000件を超える実績があるというのは安心感に繋がると思います。

自社ブランドの塗料の開発、提供も行っており、他の業者とは違った提案というのを期待する事が出来ます。
自分に合う・合わないがありますので、色々な業者を比較して慎重に業者を選ぶ必要がありますが、エコライフも候補のひとつとして、見積もり・相談をしてみるのも良いでしょう。
見積もりや家の点検は無料なので、気軽に問い合わせが可能となっています。

2級建築施工管理技士、窯業系サイディング施工士などのプロが対応してくれますので、遠慮する事なく色々と聞いておくようにしてください。
高い買い物になりますので、納得した上で契約するというのは非常に重要と言えます。
もちろん、分からない部分は丁寧に教えてもらえますので、しっかりと聞いておくようにしましょう。

【24時間いつでも無料相談受付の一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「外壁塗装の窓口」です。

【外壁塗装をオススメする理由】
  • 審査によって選ばれた業者のみが参加している
  • 同時に複数社のサービスや価格を比較出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • アンケート調査で、90%以上の利用者満足度を達成
  • 24時間体制で女性専門スタッフが無料相談受付中
10万人以上の利用実績がありますので、安心して利用する事ができます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで相談員がサポートをしても完全無料です。

外壁塗装の窓口の画像

沢山業者から連絡が来て嫌だという方は、外壁塗装の窓口が断り代行してくれます。
外壁塗装を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「外壁塗装の窓口」にまず連絡する事をオススメします。
⇒「今すぐ外壁塗装の一括見積りを行いたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 良い勉強になりました より:

    GW前半,突然若い男性が「外装のことでお話が」とやって来た。少しだけ話しを聞くと,築年数からしてかなり外壁が劣化しているのでリフォームをしたらどうかと勧められた。自分はまだぺーぺーなので日を決めてもらえば上司と来るというので,話くらいは聞いてみようと日時を決めて待っていると支店長という人物がやって来た。ちなみに最初の若い男性はすぐ玄関先で帰って行った。
    会社の概要からこれまでの受注状況とか話をした後,見積書を提示して,「この中から足場代や○○は引きます」などと言って220万円くらいのが最終的に172万円に。ちなみに一番高い塗料を使う奴は300万円近かった。
    で,「じゃ検討します」と言って引き取ってもらおうとすると「いや今決めてもらわないとこちらにも段取りが」とか訳の分からないことを言う。しきりに「何を検討するんですか?お金のことですか?」
    180万円近い契約をするのに,やって来て1時間もしないうちに今すぐ決めろという神経が分からない。
    それじゃ今日か明日中には連絡すると言ってやっと引き取ってもらい,知り合いの元大工さんに見積書を見せると「これは高いなあ」とのこと。最初から高くふっかけて多少安くしてお得感を見せておいて契約させようという魂胆なのだろう。
    その大工さんが言うには「塗料なんかいくらでも薄められるんだからね。良心的な所はそんなことをしないけどさ」
    結局その日のうちに断りの電話を入れたが,支店長さんは「じゃ,外壁に穴が空くまでほっとくんですか」の捨て台詞とも思える言葉の後電話を切った。
    今後もし外装のリフォームをするとしても絶対ここには頼まないし,飛び込みでやって来るところは止めておこうと思った。地元の業者で評判の良いところを探してやってもらうつもり。
    皆さんもご注意を

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。