リフォーム会社と工務店の違いは?

この記事の所要時間: 227

リフォーム会社と工務店の違いは?

リフォーム会社と工務店の違いについて記載していきたいと思います。

リフォーム会社や工務店、もしくは外壁塗装専門店というのが存在する中で、どの業者に依頼したら良いのか?と疑問に思う方も多いでしょう。
その中で、それぞれのメリットやデメリット、ポイントを知る事で、自分に合った業者を選択する事ができます。

リフォーム会社と工務店、外壁塗装専門店の違いは?

【リフォーム会社】

外壁塗装だけではなく、内装工事などリフォームに関する全般の業務を行っています。
外壁塗装以外にも住まいに関する業務を行っているので、本当に必要な的確なプランを提案してくれるというメリットもあります。
デメリットとしては、下請け業者に依頼する場合が多く、現場が内容を把握していないという事もあげられます。

【工務店】

リフォームの他にも、注文住宅も請け負っています。
リフォーム会社と同じで、住まいに関する業務全般の取り扱いがあるので、様々な提案をしてもらう事ができます。
また、工務店のスタッフが現場にて指示をする場合もありますので、打ち合わせからズレが生じるというトラブルも低いと言えます。

【外壁塗装専門店】

外壁塗装以外の業務は行っていませんので、塗装以外の提案ができません。
長年地元で頑張ってきた業者が多いという事もあり、外壁塗装の施工技術はかなり高いと言えます。
リフォーム会社や工務店からの下請け仕事もあります。


リフォーム会社や工務店に外壁塗装を依頼すると、下請け業者に依頼している事が多いようです。
下請け業者に依頼するという事もあって、中間マージン料が発生し、比較的料金は高めになります。
その反面、外壁塗装専門店は中間マージンなどもありませんので、リフォーム会社や工務店よりは安くなります。
もしも、リフォーム会社や工務店に外壁塗装を依頼する際には、下請け業者かどうかというのは確認した方が良いでしょう。

こうしてみると、外壁塗装に関しては専門店に依頼した方が絶対的に良いと思えます。
しかし、これは状況によります。
中には塗装の必要がないのにも関わらず、専門店の場合には塗装業務しかないため、塗装を勧めてくるという場合があります。
リフォーム会社や工務店の場合には最適なプランを提案してくれるというメリットもありますので、家の状況や選ぶ業者によっても変わってくるでしょう。

リフォーム会社や工務店に依頼する際のポイント

リフォーム会社や工務店でも、その業者によって必ず得意分野というものが存在します。
その中で、外壁塗装に特化した業者を選択する事が一番の秘訣と言えます。
施工前に、外壁塗装での実績などを聞いておくと良いでしょう。

また、価格やサービスに関しては、業者によって大きく異なります。
必ず複数の業者と比較をして、業者を選ぶようにしてください。

【24時間いつでも無料相談受付の一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「外壁塗装の窓口」です。

【外壁塗装をオススメする理由】
  • 審査によって選ばれた業者のみが参加している
  • 同時に複数社のサービスや価格を比較出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • アンケート調査で、90%以上の利用者満足度を達成
  • 24時間体制で女性専門スタッフが無料相談受付中
10万人以上の利用実績がありますので、安心して利用する事ができます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで相談員がサポートをしても完全無料です。

外壁塗装の窓口の画像

沢山業者から連絡が来て嫌だという方は、外壁塗装の窓口が断り代行してくれます。
外壁塗装を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「外壁塗装の窓口」にまず連絡する事をオススメします。
⇒「今すぐ外壁塗装の一括見積りを行いたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。